イベントを読み込み中

« すべてのイベント

日本三大不動 木原不動尊春季例大祭

2月28日 8:00 AM - 4:00 PM

木原不動尊

日本三大不動のひとつ

木原不動尊は正式名称を「雁回山 長寿寺」と号し、天台宗に属する比叡山延暦寺の末寺です。
熊本市南区富合町木原にあるため、一般的には「木原不動尊」の通称で親しまれています。
ご本尊は天台宗開祖・最澄が一刀三礼して刻んだと伝えられる不動明王立像で、
千葉県成田市の成田山新勝寺(成田不動尊)、東京都目黒区の瀧泉寺(目黒不動尊)と並ぶ
日本三大不動尊のひとつであり、九州三十六不動霊場の第19番札所です。

また、雨乞い伝説があり「水引き不動」とも呼ばれ、厚い信仰を受けています。
大祭の時には、県内外から多くの参詣者が集まり、無病息災を祈ります。
この大祭は、法要に続いて荒行が行われることで有名で、護摩木を読経しながら燃やし、燃え尽きた後、
お経を唱えながら素足でその上を歩く「火渡り」、そのあとは、笹を熱湯に浸し頭から浴びる「湯あび」と
釜の中に座り込む「湯立て」で荒行を終えます。

春の訪れを告げる春季大祭 「火渡り」

當寺の春季大祭は毎年2月28日に開催され、一年で最も多くの参拝者が訪れます。
ご本尊ご開帳のほか、採灯(さいとう)大護摩供、火渡り、湯立て、湯浴びといった大荒行が行われます。

木原不動尊
護摩木を読経とともに燃やし、おき火の上を修験者が素足で歩く火渡りは、毎年多くのカメラマンも訪れるほど壮観です。
煮えたぎる釜の中に笹を敷き、もうもうと湯気が上がる中に座り込む湯立てや、その笹が振られて釜の中の熱湯を浴びる湯浴びなど、どれも目を見張るような大荒行です。

無病息災を祈願して

木原不動尊
修験者が渡ったあとのおき火を参拝者が裸足で歩くと、一年を無病息災で過ごせるといわれています。

木原不動尊
湯立ての湯を振って湯浴びした後の笹の葉を縁起物として持ち帰る人の姿も多く見られます。
春の訪れを告げる大祭に、是非お参りください。

画像提供:熊本県観光物産課

アクセス ■交通センターから:バス(路線:南18)で約45分 木原不動前下車 ※バスは1日約4本
■JR熊本駅から:JR電車(鹿児島本線下り)で13分 宇土駅下車。JR宇土駅(東口)から交通センター行きバス(路線:南18)で約10分 木原不動前下車 ※バスは1日約4本
■九州自動車道御船インターから車で約35分
地図
駐車場 境内約50台、大祭時にはその他100台

詳細

日付:
2月28日
時間:
8:00 AM - 4:00 PM

会場

人気記事ランキング

  1. 金栗四三
  2. 女子ハンドボール世界選手権
  3. 玉名ラーメン アイキャッチ
  4. 海月 アイキャッチ
  5. 浮島神社
  6. 幣立神宮
  7. ragubi-eye5
iタウンページ
PAGE TOP