【食べてみる奈良】そのまま食べてよし、加工してよしの大発見『柿の専門 いしい』

柿のいしい 商品色々
古都奈良の魅力発見をテーマにお送りする、奈良女子大学 奈良の食プロジェクト×NTTタウンページによる共同企画記事です。

奈良の名産品『柿』をもっと広めたい!

奈良の名産と言えば「柿」
奈良で有名なお土産と言えば「柿の葉寿司」が有名ですよね。
もっと柿を食べてほしい!という思いからお土産にも喜ばれそうな「新しい柿」をご紹介します。

柿もなか

柿の専門いしい 柿もなか
柿もなか 柿をペーストしたゆず風味の餡

柿を餡とした贅沢なもなかは、そのまま食べるのは良いのですが、夏には凍らせて食べると一味違った風味を楽しめます。
冷凍しても柿餡は完全には固まらず、程よい歯ごたえ楽しい一品です。季節によって食べ方見つけてみてはいかがでしょうか?

柿バター

柿の専門いしい 柿バター
2度焼きの柿バタートーストがお勧め、パンにたっぷり塗って召し上がれ

柿のペーストとバターの風味がパンとの相性はピッタリです。
お勧めの食べ方を教えてもらいましたので参考にしてください。
2度焼きした柿バタートーストは食感の違いが楽しめるのではないでしょうか。

2度焼き柿バタートーストレシピ
1.食パンに格子状に切り込みを入れます。
2.しっかりと予熱したトースターでうっすらと焼き色がつくまで焼いてください。
3.一度トースターから取り出し、柿バターをたっぷり塗ります。
4.もう一度、トースターに入れ軽く焼きます。
5.トースターの使用は各機種のご使用上の注意を守ってご使用ください。

柿の専門 いしい

『柿の専門 いしい』にはお菓子からジャムやバター、柿酢、柿の葉茶まで幅広い商品があります。
なかでも、あざやかな柿色をしたお菓子やジャムを見ると明るい気持ちになります。
食べてみれば、季節を問わずに、出会ったもうひとつの柿でした。
柿のいしい 三条店
写真は、奈良市内の三条店内です。
白を基調にした壁とやわらかい明りにつつまれた店内では、ゆっくりと商品を見ることができます。

名称 柿の専門 いしい 三条通店
住所 〒630-8224 奈良市上三条町27-1 村田ビル1F
営業時間 9:00~19:00
定休日 毎週水曜日(年末年始の営業は、お問い合わせください)
URL https://a-kaki.com/
地図

画像提供:石井物産株式会社
掲載情報は2018年1月23日現在
取材:奈良女子大学 奈良の食プロジェクト

関連記事

  1. 【食べてみる奈良】伝統『葛』を味わう『井上天極堂』

人気記事ランキング

  1. 博物館
  2. 柿のいしい 商品色々
  3. 飛鳥資料館
  4. 平城宮東院の複雑に重層する建物遺構(南東から)

PR

PAGE TOP