イベントを読み込み中

« すべてのイベント

ユネスコ無形文化遺産登録「来訪神:仮面・仮装の神々」 米川の水かぶり

2月2日 9:30 AM - 11:30 AM

『米川の水かぶり』 宮城県登米市東和町米川

米川の水かぶりは宮城県登米市東和町米川に古くから伝わる火伏せ行事で毎年2月の初午に開催されます。
2018年11月29日にユネスコ無形文化遺産「来訪神:仮面・仮装の神々」に登録された10件の伝統行事の一つです。
国指定重要無形民俗文化財にも指定されています。

 

水かぶりの装束

水かぶりの男達は、裸体の腰と肩に藁で作った「しめなわ」を三本巻き、藁の冠「あたま」を被る。「あたま」の形は特に各々が工夫を凝らして作っています。
足に「わらじ」を履き、顔には、火の神様の印であるかまどの煤(すす)を塗ります。
水かぶり装束を身につけ、火伏の神である大慈寺の秋葉山大権現に参拝し、初めて神の使いとなるのです。

 

藁で作った装束がお守りに

神の使いとなった水かぶりの一行は、沿道に準備された手桶(バケツ)の水を家々に掛け火伏の祈願をし町内を巡ります。
人々は、水かぶりの男たちが身に着けた藁を抜き、自分の家の屋根などにあげ火伏のお守りとします。

 

開催日 2019年2月2日(土)
9:30より(本体出走は10:30)
*来訪神 水かぶり行事、火伏祈願町内巡行は 10:30から約1時間実施
開催場所 宮城県登米市東和町米川 法輪山 大慈寺
アクセス ■電車
JR新幹線「くりこま高原」駅から在来線「瀬峰」「新田」 「石越」各駅からタクシーで米川まで約45分
■バス
・「石越」駅から宮城交通石越線「佐沼営業所」下車、内陸線に乗り換え「米川診療所前」下車すぐ
・「瀬峰」駅から宮城交通登米線「佐沼営業所」下車、内陸線に乗り換え「米川診療所前」下車すぐ
■車
・東北自動車道「築館」インター、「若柳金成」インターから国道346号線で東和町米川まで約45分
・三陸自動車道「登米東和」インター、「登米」インターから米川まで約20分
電話番号 0220-53-4111(登米市東和総合支所)
主 催 米川の水かぶり保存会
地 図

 

ユネスコ 無形文化遺産
来訪神:仮面・仮装の神々 10件の行事

無形文化遺産は芸能や祭り、社会的習慣や伝統工芸技術などが対象です。
国内からは能楽や歌舞伎、和食や和紙などが21件が登録されています。

行事名 開催場所 開催日
男鹿のナマハゲ 秋田県
男鹿市
大晦日
(12月31日)
吉浜のスネカ 岩手県
大船渡市
小正月
(1月15日)
米川の水かぶり 宮城県
登米市東和町
2月の初午
遊佐の小正月行事
(アマハゲ)
山形県
遊佐町
正月中の所定日
能登のアマメハギ 石川県
輪島市・能登町
正月中の所定日
または節分の日
見島のカセドリ 佐賀県
佐賀市
2月の第2土曜日
甑島のトシドン 鹿児島県
薩摩川内市
大晦日
(12月31日)
薩摩硫黄島のメンドン 鹿児島県
三島村
旧暦の8月1日・2日
悪石島のボゼ 鹿児島県
十島村
旧暦の7月16日
宮古島のパーントゥ 沖縄県
宮古島市
島尻…旧暦の9月上旬
野原…旧暦12月最後の丑の日

画像提供:登米市

詳細

日付:
2月2日
時間:
9:30 AM - 11:30 AM
イベント タグ:
, ,

PR

人気記事ランキング

  1. 特集-仙台朝市01
  2. 大崎八幡宮
  3. akiuootaki-huyu
  4. sendai beef 05
  5. 瑞鳳殿
おでかけMAPロゴ
PAGE TOP