ベガルタ仙台特集Vol.1 ~東北にプロサッカーチームを!~ 1994-1998

仙台のプロサッカーチーム「ベガルタ仙台」が創立25周年を迎える2019年。
地元密着のチームとして25年歩んできた足跡を特集していきます。
第1弾はチーム発足のブランメル仙台時代をご紹介します。

~第1章 「ブランメル仙台」の創立~

94年~98年シーズン


(95年 ブランメル仙台 メンバー )

東北電力サッカー部を母体に、チーム名を「伊達男」を意味する「ブランメル」を採用した「ブランメル仙台」とし、Jリーグ黎明期の1994年11月に産声を上げました。
初代監督に鈴木武一、地元出身の鈴木淳や外国人選手エンリケ、エジマールを擁して、発足2か月後に開催された全国地域リーグ決勝大会を制し、ジャパンフットボールリーグ(通称 JFL)へ昇格。
JFL初年度はヴェルディ川崎(当時)から阿部良則などをレンタルで獲得し、チャレンジするも16チーム中15位と振るいませんでしたが、この年にJリーグ準会員として承認を受け、Jリーグ参入へ大きな一歩を刻みました。
当時のJFLには、NEC山形(現 モンテディオ山形)富士通(現 川崎フロンターレ)鳥栖フューチャーズ(現 サガン鳥栖)東京ガス(現 FC東京)ヴィッセル神戸など、現在のJリーグチームが所属しており、各チームがJリーグ参入を目指した群雄割拠のJFLでした。

96年シーズン


(96年 ブランメル仙台 メンバー )

Jリーグ準会員に承認され、念願のJリーグ昇格の2位以内を目指すために、チームを大刷新。
監督を務めた鈴木武一から清水エスパルスのコーチだった佐藤長栄を新監督に迎え、90年W杯 西ドイツ優勝メンバーでJリーグでも活躍したリトバルスキーが2年ぶりに現役復帰し、94年Jリーグ得点王オルデネビッツ越後和男などJリーグ経験のあるプレーヤーを獲得する大型補強を敢行しました。
積極的な補強が功を奏し、開幕5連勝を飾るなど順調なスタートを飾り、大きな期待を受けて、一気にJリーグ参入まで駆け抜けるはずでしたが・・・
勝ちきれない試合が続くなどの最終的には18勝12敗の6位。昨年の15位から大きく躍進するも、目標の2位以内に入ることが出来ずにシーズンを終え、佐藤監督は退任。
また、このシーズンに後の「ミスターベガルタ」千葉直樹が入団しました。

97年シーズン


(97年シーズン エルスナー体制 発足)


(97年シーズン ルス体制 発足 )

監督に元オーストリア代表監督のエルスナー氏を招聘。
また、GKに元日本代表の松永成立を鳥栖から獲得するなど、守備の安定感を強めるチーム作りを進めました。
泉区七北田公園に仙台スタジアム(現 ユアテックスタジアム仙台)を開設し、ハード面での準備は整い、いよいよJリーグへの加入を目指して開幕。
しかし、10節を終えた時点で3勝7敗と波に乗れず、エルスナー監督は辞任。
GKコーチだったルス氏を監督に昇格させ、立て直しを図るものの、守備の要の松永が8月に移籍なども重なり、結果は8位となり、序盤のつまずきを修復できないままシーズンを終えました。
また、ルス監督もこのシーズンを持って退任しました。

98年シーズン


(98年 ブランメル仙台 メンバー)

育成年代に定評の有った壱岐総監督を迎え、鈴木武一監督を復帰させた2頭体制で98年シーズンに望みます。
次年度から「J2リーグ」が開設されることからJFLとしての最後のシーズンとなりました。
95年シーズンに在籍した阿部良則が復帰し、地域に密着した運営と若手主体の編成を行うことで、長期的なビジョンを打ち出し、最後のJFLに臨みます。
結果は18勝12敗の7位と勝ち越すものの、昨シーズンとほぼ同順位でシーズン終了を迎えました。
また、Jリーグ正会員となり次年度からのJ2リーグへ参入も決定し、チーム名も現在の「ベガルタ仙台」変更することとなりました。

まとめ

本記事では、チーム発足のブランメル仙台時代をご紹介しました。
次章では「ベガルタ仙台誕生!~J2参入から念願のJ1昇格~」をご紹介いたします。(更新は2019年3月末予定)

写真提供 ベガルタ仙台

関連記事

  1. 夕方までやってる朝市!威勢のいい掛け声が飛び交う「仙台の台所」 仙台朝市

  2. sirou_ai2

    笑う門には福来る 仙台四郎

  3. jazz_saxo

    JOZENJI STREETJAZZ FESTIVAL in SENDAI (2018年のイベントは…

  4. ベガルタ仙台特集 「ユアテックスタジアム仙台」に行ってみよう!!

  5. 特集‐文化横丁01

    情緒溢れる、歴史ある飲食店街 文化横丁

  6. 仙台七夕まつり

  7. JOZENJI STREETJAZZ FESTIVAL 2019 29th

  8. 伊達政宗公の文化を訪ねて

PR

人気記事ランキング

  1. sendai beef 05
PAGE TOP