昭和レトロとモダンが融合した不思議な通り 壱弐参横丁

JR仙台駅から徒歩10分ほどのサンモール一番町にある4本の横丁のうち、南町通りに近い2本が壱弐参(いろは)横丁。
昭和20年(1945年)に開設され、居酒屋や惣菜屋、食事処、魚屋、八百屋など様々なお店が多数立ち並んでいます。
名前の由来は、住所が仙台市青葉区「1番町2丁目3番地」だったため。「一二三」の旧字体である「壱弐参」から「いろは」と呼ばれるようになったそうです。

特集‐壱弐参横丁01
特集‐壱弐参横丁02
2本の並行した通りを6本の小路が結び、通りの左右に100店舗以上の個性あるお店がひしめきあっています。
飲食店や食料品店のみならず、衣料品や雑貨などの物販のお店もあります。

特集‐壱弐参横丁03
特集‐壱弐参横丁04
暖簾をくぐると、昔ながらのレトロなお店と今どきでお洒落なバー、レストランが同居した不思議な世界に誘われます。
スナックの重厚な扉の奥から聞こえるムード歌謡とモダンなワインバーのコントラストがとても印象的でした。
新旧が入り混じったアンバランスさと雑多な雰囲気が妙に居心地が良く、年配の男性から若い女性まで幅広い客層で賑わっています。

特集‐壱弐参横丁05
アーケードになっているので雨の日でも安心して散策することができます。

特集‐壱弐参横丁07
横丁の途中には、手押しポンプの井戸があります。

特集‐壱弐参横丁08
初めてでも、一人でも、女性でも誰でも暖かく迎えてくれる懐の深さが魅力の横丁。
お昼の時間には買い物・ランチ、夜は飲み歩き、と来る人・目的が変わり、通りの雰囲気も変わるので、時間帯によって様々な表情を楽しむことができます。
お店の種類・数も豊富なので、その日の気分でお店の使い分けができます。
行きつけを見つける、ハシゴして楽しむ他、用事がなくてもふらっと歩くだけで雰囲気を楽しむことができます。

特集‐壱弐参横丁09
特集‐壱弐参横丁10
特集‐壱弐参横丁11

名称壱弐参横丁
住所宮城県仙台市青葉区一番町2-3-28
地図
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
壱弐参横丁
アクセス JR・地下鉄仙台駅から徒歩10分
iタウンページ

その他、仙台のお店探しにはiタウンページもご活用ください!
近隣の飲食店一覧(iタウンページ)

関連記事

  1. jazz_saxo

    JOZENJI STREETJAZZ FESTIVAL in SENDAI (2018年のイベントは…

  2. 仙台七夕まつり (2018年のイベントは終了しました)

  3. 特集‐文化横丁01

    情緒溢れる、歴史ある飲食店街 文化横丁

  4. 伊達政宗公の文化を訪ねて

  5. 特集-仙台朝市01

    夕方までやってる朝市!威勢のいい掛け声が飛び交う「仙台の台所」 仙台朝市

人気記事ランキング

  1. 大崎八幡宮
  2. 瑞鳳殿
  3. sendai beef 05
  4. 特集-仙台朝市01
防災タウンページ
PAGE TOP