美味しさを探求し続ける宇部のかまぼこ屋さん

原料・天然水・職人の技にこだわって美味しいかまぼこを作っている宇部市の『宇部かま』さんを紹介します。

受け継がれている山口県独自の手法“焼き抜き”

“焼き抜き”製法とは?

山口県独自の伝統製法で炙り焼いてつくります。新鮮な魚のすり身をかまぼこ板に盛りつけ、板の真下から間接的に焼きぬくこと。
炙り焼くのに身は白いまま?!表面のザラザラっとしたしわは、『ちりめんじわ』と呼ばれていて、きめ細かく入っているものほど練りがキチンとしていて美味しいのだそうです。
これこそ職人の技!ですね。

宇部かま-1

かまぼこの製造工程が見られる『宇部かま』に行ってきました!

この宇部かまさんの工場見学では、原料の下ごしらえ、練り、形成、焼き、冷却、包装と、かまぼこ作りの様子を順を追って見ることができます。
それでは工場の中を見学してみましょう!

下ごしらえ~練り

宇部かま-2
原料の魚は主に天然の魚を使用。そしてかまぼこ作りに欠かせない水は天然地下清水!
※ちなみに工場敷地内に試飲ができる場所があります。
これらを練ることで、かまぼこの程よい弾力としなやかな歯ごたえが生まれます。

形成~焼き

宇部かま-3
練り終わったすり身を板に乗せてかまぼこの型を作っていきます。ここでお店で普段目にするかまぼこの形がお目見え。
焼きの工程では、伝統製法である板の真下から間接的に炙り焼く工程も見ることができます。

冷却~包装

宇部かま-4
加熱が終わったら-15℃の冷風により、かまぼこが冷やされ包装機によってパックされます。
宇部かまさんの工場見学は見学通路に工程ごとの説明が書かれており、また通路の窓から製造ラインを見渡すことができて圧巻です!

工場見学のご案内
見学時間 : 10:00~15:00まで
定休日 : 水曜日/日曜日 その他不定休あり
・30名様以上であればご案内をしてくださるそうです。
・ご案内が不要な場合は、時間内であれば自由に見学いただけます。
お問い合わせは
総務部 0836-33-5152  まで

ここで作られているかまぼこは、工場のとなりにある直売店で売っています!

宇部かま-11
直売店ではいろいろなかまぼこが試食できるので、どれを買おうかと迷ってしまうくらい美味しいです。
全国各地のデパート、スーパーでも販売されています。オンラインショップ、又は、カタログでも購入できます。

農林水産大臣賞受賞の『嶺雪(みねゆき)』はこれ!

宇部かま-6
伝統製法「焼き抜き」でつくったかまぼこです。
弾力に富んだ舌触りと、濃厚な旨味を堪能できる味わいの逸品です。ぜひご賞味を!!

あれ?これはかまぼこ?けずり節?

宇部かま-7
『宇部かま』でしか買えないけずりかまぼことは?
かまぼこを独自の製法で薄くスライスした“けずりかまぼこ”はテレビでも話題に!
今まで見たことがないかまぼこの形ですね。ふんわりとした食感で、そのまま醤油をかけてお酒のおつまみに、冷奴、おにぎり、サラダにも・・・
きっと美味しいこと まちがいなし!!

この直売店では、運がよければお買い得品にめぐりあえるかも・・・でもすぐになくなってしまうのでお早目に!

かまぼこ工場以外にも、かまぼこの歴史がわかるかまぼこ歴史館”と美しい日本庭園の“清水庵”が隣接しています。

宇部かま-9
かまぼこ歴史館(写真左)と、清水庵(写真右)

かまぼこ歴史館
かまぼこの歴史と、昔の作り方を人形や模型で紹介しています。

清水庵
池と緑で彩られた日本庭園があり、ゆっくりと散策が楽しめます。

まとめ

工場見学のあとに訪れた直売店。
伝統的手法のかまぼこはもちろん、ちくわ、揚げ物もたくさんの種類があってびっくり!
試食もできて、どれも美味しかったです。

山口へお出かけの時は、ぜひ『宇部かま』へ立ち寄ってみてはいかがですか?

取材協力・画像提供:宇部かま

名称 宇部かま(宇部蒲鉾株式会社)
住所 山口県宇部市大字川上697-20
電話番号 0836-33-5151
URL https://www.ubekama.co.jp/
地図

 

関連記事

  1. 【長門市】24番目の道の駅『センザキッチン』2018年4月グランドオープン!

  2. サファリランド

    「秋吉台サファリランド」は動物達を野生に近い状態で見ることができる動物園!

  3. 茶房 舞衣(まい)@防府市毛利氏庭園

  4. 農家さんが立ち上げた酒蔵『下関酒造』

人気記事ランキング

  1. 周南コンビナート
防災タウンページ
Digital Lead
PAGE TOP