『明治日本の産業革命遺産』in萩のご紹介~ 第1回『萩城 城下町』


2015年7月、世界遺産に登録された萩市5資産。
幕末の雄藩として明治維新を成し遂げた長州藩(萩藩)で、どのようにして産業革命が成し遂げられたのか?

『萩城下町』『松下村塾』『萩反射炉』『恵美須ヶ鼻造船所跡』『大板山たたら製鉄遺跡』の中から、第1回目は『萩城下町』をご紹介します。

明治日本の産業革命遺産『萩城下町』について

萩城下町 (資産の範囲は、城址・旧上級武家地・旧町人地の3地区)

天下分け目の関ヶ原で西軍総大将であった毛利輝元(1553~1625年)が、東軍に敗れたのち周防・長門の2か国に減封され、その後、幕府に裁可を求めて築城された萩城。

幕末期の藩主である毛利敬親(たかちか 1819~1871年)が、幕府に無許可で藩庁を山口城に移すまで長州藩の藩庁として栄えました。明治の「廃城令」により解体され、現在は石垣と堀が残るのみとなっています。
今となれば貴重な文化財をなぜ?と思いますが、当時は新政府の体制も十分でない中、士族の危険な軍事拠点という認識であったのではと思われます。
↑春、桜満開の城址

名称萩城址
住所山口県萩市堀内500
地図
アクセス・中国自動車道 美弥東JCTから車で約52分
・JR山陰本線玉江駅から徒歩約20分
・萩循環まぁーるバス西回りコース(萩市役所から約16分)
・城下町への萩市役所を起点に西回りコース(晋作くん)が約30分間隔で運行しています。
どこで乗っても100円というリーズナブルな料金です!

旧上級武家地

お城と並行して建設が進められた城下町の町割りは、
お城に近いエリア(堀内)は毛利家一門や支藩主などの上流の侍に当てられた。萩城の三の丸にあたるところである。
そして町人や寺社などの混在地域、農民との混在地域といったような感じであったそう。
身分や階級により住めるエリアが違うという江戸時代ならではの町割りとなっていました。

▼現存する武家屋敷が江戸の生活を想わせる
↑ 旧厚狭毛利萩屋敷長屋


↑旧児玉家長屋門

白壁にどっしりとした門構え。この門を通り羽織袴に帯刀したチョンマゲ姿のお侍さんが、お城へ登城する姿を想像するだけでも、なんだかワクワクしてきますね!

▼堀内エリアにある鍵曲基本的には碁盤の目状に町割りが行われたが、城下町の防衛上の配慮から鍵曲(かいまがり)と言われる直進を妨げるL字に曲がった道など、意図的に基軸からずらされた場所も散見されます。

お城を攻めるとなると、見通しの悪い道があるとやはり攻めづらいですよね。

▼武家屋敷で夏みかん?
↑武家屋敷跡の塀からのぞく夏みかん

萩は夏みかんの栽培発祥の地なんだそう。
明治時代になり禄(今でいうお給料)を無くした武士の救済を目的として空き地となった武家屋敷地に夏みかんが植えられたのだそうで、屋敷の塀や石垣が風に弱い夏みかんの防風柵として役立ったのだとか。

萩の町の一つの風景となっているこの夏ミカンには、このような歴史が・・・。

旧町人地


↑豪商・菊屋家の住宅 その歴史は400年

江戸時代初期に建てられた菊屋家の住宅は、藩の御用達を務める豪商で、当時の隆盛を彷彿とさせる立派な佇まいである。その敷地面積は約2000坪!萩城築城の時期から町づくりに力を尽くした。
御用商人と聞くと、テレビの時代劇のごとく、「菊屋、おぬしも○○よのう!」なんて言うお代官様とのやり取りがあったのだろうか・・・なんていう妄想をするのは私だけでしょうか・・・?


↑お庭も一級品

↑蔵の中には・・・。

菊屋横丁から見える蔵には、千両箱が見上げるほどに積み上げられていたのでしょうか?
菊屋の向かいには、江戸時代後期に建てられた旧久保田家のお屋敷があり、見比べると立て方の特徴にも違いがあり、江戸時代の長さを感じますね。
後期には、屋根裏を有効に利用するようになり、少し高くなっています。ぜひ見比べて下さい。

高杉晋作(1839~1867年)と木戸孝允桂 小五郎 きど たかよし/かつら こごろう 1833~1877年)

↑高杉晋作誕生地


↑木戸孝允旧宅

菊屋家住宅からほど近いところに、高杉晋作誕生の地や木戸孝允旧宅などもあります。

吉田松陰(1830~1859年)に学び近代日本の幕を開けた立役者たちの息吹を感じることができますよ。
明治維新胎動の地、萩城下町で明治日本の産業革命遺産にふれ、幕末歴史ドラマのエキストラ!?

いやいや、主役になってみませんか?

画像提供:山口県観光連盟

関連記事

  1. ”Mai Mai Miracle” Location Guide 17spots!

  2. 【明治維新150年】幕末維新を訪ねて~ 第2回『高杉晋作と維新』

  3. 【明治維新150年】幕末維新を訪ねて~ 第1回『吉田松陰と維新』

  4. おでかけマップ 長門路SNS映えスポット(まとめ)

人気記事ランキング

  1. 周南コンビナート
防災タウンページ
PAGE TOP